2014年01月02日

【E14】「RAID Arrayx E14 Can't Mount」エラーの対処法|BUFFALO Terastation

【解説】
BUFFALO Terastationの液晶窓に

「E14」
「RAID Arrayx E14 Can't Mount」

エラーが出る場合。

このメッセージが表示されるときは
RAIDをアレイ(x)がマウントできない状態です。

【対処法】
テラステーションに「E14」エラーが表示された場合は、
RAIDアレイをマウントできない為
データの読み込みが正常に行えない状態です。

一度電源をオフにし、再度電源を入れても
エラーが出る場合は故障している可能性が高いです。

RAID5であれば壊れているハードディスクを取り出し
交換(リビルド(再構築)を行う事で、理論上は修復可能です。

しかし、リビルドを行ってもエラーが解消されない場合は
症状が悪化してしまうケースも多く
最悪の場合、データの復旧が出来ないこともあります。

失うことのできない重要なデータの場合は
交換をされる前に一度当社へご相談ください。

【関連記事】E14エラー 復旧事例は以下をクリック!
E14エラー!アクセス不能から再構築!TeraStationスピード納品!
E14とE30エラー併発!メーカーで断られたTeraStationからデータ復旧!
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【BUFFALO Terastation エラーの対処法の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376674124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。