2014年01月12日

【E15】「HDx Error E15 Many Bad Sectors」エラーの対処法|BUFFALO Terastation

【解説】
BUFFALO Terastationの液晶窓に

「E15」
「HDx Error  E15 Many Bad Sectors」

エラーが出る場合。

このメッセージが表示されるときは
HDD(ハードディスク)内に発生した不良セクタの数が危険な領域に達しています。

【対処法】
不良セクタは使用劣化による物理的な障害の為

増えてしまった不良セクタを修復する方法はありません。

対処としては、正常で一度も使用したとこのないHDDと

異常の発生したHDDとを交換しリビルド(再構成)をする事で

正常に戻す方法があります。

※リビルドの際には、入れ替えるHDDが整合性のとれている物である必要があります。
必ず説明書を読み確認を行って下さい。

リビルドは成功すれば正常に使用し続ける事ができますが

失敗し状況が悪化する危険性もあります。

早く・安全にデータを取り戻したいのであれば、まずはデータ復旧専門の業者へお問合せ下さい。


もし、リビルドをすでに行い失敗してしまった場合

これ以上操作を続けると2度とデータが戻らなくなる危険があります。

操作を中止し早急にデータ復旧専門の業者へお問合せ下さい。


【関連記事】
E15エラーの復旧事例は以下をクリック!
E13・E15・E23エラー!リビルドしたRAID0のデータ復旧!
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【BUFFALO Terastation エラーの対処法の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。