2013年10月09日

【code14/code22】「ERROR: out of memory in flist_expand rsync error...」エラーの対処法|BUFFALO Terastation


【解説】
BUFFALO Terastationのバックアップログに

「code14」「code22」など
ERROR: out of memory in flist_expand
rsync error: error allocating core memory buffers (code 22) at util.c(120) [sender=2.6.8]
rsync: fork failed in do_recv: Cannot allocate memory (12)
rsync error: error in IPC code (code 14) at main.c(655) [receiver=2.6.8]

エラーが出る場合。

このメッセージは、
メモリー不足のためバックアップが実行できなかった場合に表示されます。

【対処法】
バックアップログにこのエラーが表示された場合は、
バックアップするファイルの数を減らすか、バックアップの際は他の機能を使用しないようにし、
バックアップの動作に必要なメモリーを確保してください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【BUFFALO Terastation エラーの対処法の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。