2013年10月11日

【I31】「Press FuncSW I31 New Diskx ready」エラーの対処法|BUFFALO Terastation





※TS-XL/R5シリーズのみに表示されるエラーメッセージです
【解説】
BUFFALO Terastationの液晶窓に

「I31」
「Press FuncSW I31 New Diskx ready」

メッセージが出る場合。

このメッセージが表示されるときは
「RAIDの再構築もしくはフォーマットが必要」な状態です。



【対処法】
ハードディスクを交換した後などに表示されるメッセージです。
製品のファンクションボタンを押し、RAIDの再構築を行う必要があります。

@液晶パネル横のファンクションボタンをピッと音が鳴るまで押し続けます(約3秒)
A5分程度で表示が切り替わり、液晶窓に「RAID I18 ARRAY x Rebuiding」と表示されます
B無事にRAIDの再構築が完了すると、液晶窓の表示が通常通りに戻ります

以上の操作で別のエラーメッセージが表示される、データが読み込めない場合は
リビルトが失敗している可能性があります。
データの復旧を優先する場合は専門の業者へ、ハードの修復を優先する場合はメーカーまでお問い合わせください。

■Terastationを復旧された お客様の声■
【株式会社クレディセゾン様】
リビルドをかけると、アクセス出来なくなった。二度と戻らないと思っていたデータを取り戻せました。


【ネッツトヨタ様】
停電後、『E04エラー』が発生。データ欠損も全くなく、スピーディに復旧出来ました。


【日東富士製粉株式会社様】
再起動を何度も繰り返してみたが、全く中のデータが見られない
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【BUFFALO Terastation エラーの対処法の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377248338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。