2013年10月26日

【RAIDサーバー】再起動してもデータにアクセスできない!

RS再起動.png

【解説】
データにアクセスできなかった場合、最も試されるのが
再起動でしょう。ですが、それが原因で起動しなくなってしまう場合もあります。

【原因】
HDDに最も負荷がかかるのは起動動作だといわれています
データにアクセスできなくなったため、一度再起動してみるというのは
よくあることではありますが、その際にかかった負荷が原因で
起動が出来なくなってしまうケースがあります。

【対処法】
起動出来なくなってしまった場合、何度も電源オンオフに挑戦される方が
多いのですが、一度起動しなくなったHDDが無事に再度起動できる確率は
決して高くありません。

かえって、オンオフを繰り返すことで負荷がかかり続け、状況の悪化を招くことも。
また、起動はできるけれどアクセスできない状態が続いた場合、
起動情報をディスクに書き込み続けてしまいRAIDの構成情報が上書きされ、
どのような構成になっていたかという大切な情報が読み出せなくなってしまうこともあります。

電源が入らなくなった場合には、無理に何度も電源のオンオフを試みず、
専門の業者へご相談ください。


■関連記事
【hp製 ProLiant】全てのHDDに障害が起きてしまったRAIDを翌日納品!
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【RAIDサーバー 症状別の対処法・障害原因の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。