2013年10月27日

【LAN DISK】自分でリビルドをしたが途中でエラー発生!!


【解説】
リビルドとは、正常なディスクの情報を元に、
新しいディスクに内容を復元するというものです。
同時期にディスクを使用した場合、故障時期も近い可能性が高く、
リビルド実行の負荷により他のディスクにもエラーが発生するといったケースが多いです。

【原因】
・リビルド中に他のディスクにエラーが発生。
・他の障害(物理障害等)が発生して、処理ができない。

【対処法】
リビルド中にエラーが発生してしまった場合は「これ以上手を加えないで下さい」。
一旦エラーが発生してしまうと、困惑していろいろな方法を試してしまい
かえって状態が悪化してしまいます。

多くの人がやってしまう、行為として
@再度ディスクを入れ替える。
A異常が発生しているディスクにフォーマットをかける。
B電源を入り切りする。
等があります。

@に関しては、リビルド実行はディスクを交換すると自動的に行われるため、
 気づいたらデータ領域がめちゃくちゃになってしまう危険があります。
Aのフォーマットは既に使用されているディスクで行うと
 全てデータが消えてしまいます。ディスクを入れ代えた際“フォーマットしますか?”
 というメッセージが表示され、誤って“はい”を選択してしまったという方が多いです。
B電源の入り切りは、電源が入ってない状態から、
 起動するために多くの電流が流れる為、HDDに大きな負担のかかる作業となります。
 通常一日数回程度ではなんら問題はありませんが、こうしたトラブルが発生し
 HDDが不安定の状態で行うと、障害の悪化を引き起こしてしまう可能性が高くなる
 ので電源の入り切りは行わないで下さい。

また、リビルドは途中でこちらから中止することができません。
もし、リビルドの途中でエラーが発生してしまった場合は、
そのまま終わるのを待つか、専門の業者へ依頼して下さい。


■LANDISKを復旧された お客様の声■
【京都大学様】短時間での復旧で非常に助かりました。バックアップの大切に気づかされました。
【財団法人鳥栖市地域振興財団】HPにあるように実際も復旧期間が短く大変助かりました
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【I-O DATA LANDISK 症状別対処法の最新記事】
posted by earth0614 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | I-O DATA LANDISK 症状別対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378693808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。