2013年10月27日

【RAIDサーバー】リビルド中に他のHDDも故障!!

RSリビルド他HDDエラー.png

【解説】
RAID構成をする場合、同時期に製造されたHDDを
使用することがほとんどです。
そのため、どれか一つのディスクに障害が発生した場合、
他のディスクにも障害が発生する可能性が高くなります。

例えば、同じ新品の電球を2本同時に使用した場合、
片方の電球が切れた時にもう片方の電球も切れる可能性は十分考えられます。
HDDは電球ではありませんが、同じ消耗品です。

あるディスクが経年劣化により障害が発生し、
負荷のかかる作業(リビルド等)を行った場合、
他のディスクに同時にエラーが発生してしまう可能性が非常に高くなります。

【原因】
・同時期に製造されたディスクを使用していたことによる経年劣化。

【対処法】
リビルドはHDDに大きな負担をかける作業です。
HDDの寿命にはばらつきがありますが、5年以上使用していてエラーが発生した場合は、
経年劣化による障害だと疑っていいと思います。

もし、リビルドを実行している最中に他のHDDに障害が発生してしまった場合は、
そのままの状態で専門のアドバイザーにご相談下さい。

電源の入り切りや、ディスクを入れ替える等の作業はHDDの
復旧率を低下させる原因となりますので、行わないようにして下さい。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【RAIDサーバー 症状別の対処法・障害原因の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378700158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。