2013年10月28日

【LAN DISK】自分でリビルドをしてもエラーが直らない!!


【解説】
リビルドとは、RAID5などを構成する複数のHDDのうち
一つに破損・エラーが発生した場合、残りの正常なHDDからRAID構成のための
情報を書き換え再構築する機能です。
そのため、RAID情報以外の部分にエラーが発生している場合効果がありません。
また、リビルドはHDDに負担のかかる作業です。
リビルドをかけたことにより、他の正常なディスクもエラーになるという
ケースも多く発生していますので注意が必要です。

【原因】
・RAID情報以外の部分にエラーが発生。

【対処法】
この場合、エラーの発生原因が違うため、
本当のエラー発生原因を突き止めなければなりません。
RAID情報以外のエラーとして考えられるのが、
OS破損やRAIDコントローラー等、ディスク以外に障害が発生している事があげられます。
これらの復旧を行うためには、専門の機器や知識が必要になります。

データ復旧は症状が同じでも、対応の仕方が違うので
安易にインターネットなどで他の人の症状を元に復旧を行ってしまうと
症状が悪化してしまう恐れがあります。
まずは、専門の業者へお問い合わせ下さい。


■LANDISKを復旧された お客様の声■
【京都大学様】短時間での復旧で非常に助かりました。バックアップの大切に気づかされました。
【財団法人鳥栖市地域振興財団】HPにあるように実際も復旧期間が短く大変助かりました
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【I-O DATA LANDISK 症状別対処法の最新記事】
posted by earth0614 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | I-O DATA LANDISK 症状別対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。