2014年01月19日

【code 12】「rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(515)」エラーの対処法|BUFFALO Terastation

【解説】
BUFFALO Terastationのバックアップログに

「rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(515)」
「rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(359」

などの“code 12”を含むエラーが出る場合。


このメッセージが表示されたときは

・ネットワーク接続が確立されていない為
バックアップ元とバックアップ先の通信が行われていない

・バックアップの最中に機器の設定を行った為
途中で接続が遮断され通信が途切れた

以上2つの原因が考えられます。

【対処法】
■ネットワーク接続が確立されていない場合

接続が正常に確立されているかを確認します。


1, LANケーブルは外れていないか、接続がきちんと行われているかを確認して下さい。

2,転送経路となる機器(ハブ等)の電源が切れていないかを確認して下さい。


1、2の場合、再起動を試される方がいらっしゃいますが

電源の入/切は機器に最も負荷がかかります。

新たな障害を誘発する可能性がありますので、行わないで下さい。


■バックアップの最中に製品の設定を行った場合

一時的に通信が切断されてしまい、バックアップエラーとなります。

バックアップ中に機器の設定を行わないようにして下さい。

データ容量が大きい場合、想定よりもバックアップに時間がかかる場合があります。

これらの方法を試してもエラーが消えない場合は、メーカーやデータ復旧の専門業者にお問合せ下さい。


■Terastationを復旧された お客様の声■
【株式会社クレディセゾン様】
リビルドをかけると、アクセス出来なくなった。二度と戻らないと思っていたデータを取り戻せました。


【ネッツトヨタ様】
停電後、『E04エラー』が発生。データ欠損も全くなく、スピーディに復旧出来ました。


【日東富士製粉株式会社様】
再起動を何度も繰り返してみたが、全く中のデータが見られない
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
【BUFFALO Terastation エラーの対処法の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383929438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。