2999年01月01日

『IBM Flex System エラーの対処法』の記事一覧

IBM Flex Systemのハードディスクに関するエラーメッセージの対処法記事一覧です。
以下の一覧より、該当のエラーをお選びください。
エラーの原因と対処法をご覧いただけます。


【Flex System】@サーバーが起動しない/アクセスできない。

【Flex System】Aサーバーを再起動したが立ち上がらない。

【Flex System】BRAID構成のハードディスク2本異常にエラーが発生、RAID崩壊モード。

【Flex System】CRAIDのリビルドが失敗。

【Flex System】Dサーバーのデータを削除・フォーマットしてしまった。

【Flex System】ERAIDコントローラーが故障。

【Flex System】FOS not foundのメッセージ。

【Flex System】G停電・落雷などによる急な電源断後のアクセス不良。

【Flex System】Hハードディスクからカチカチ・カタカタ等の異音が発生。

【Flex System】IRAIDにエラーが発生したがホットスペアが切り替わらない/切り替わったが別のディスクが故障。

【Flex System】Jデータ復旧ソフトを試したが復旧できなかった。

【Flex System】Kデータ復旧業者に依頼したが復旧不可だった。




対応機種一覧
System Storage
System Storage EXP2500/System Storage EXP2512/System Storage EXP2524

xSeries(タワー・モデル)
xSeries 100 /xSeries 200 /xSeries 205 /xSeries 206 /xSeries 206m /xSeries 220 /xSeries 225 /
xSeries 226 /xSeries 230 /xSeries 232 /xSeries 235 /xSeries 236 /xSeries 240 /xSeries 250 /
xSeries 255 /xSeries 260

xSeries(ラック・モデル)
xSeries 300 /xSeries 305 /xSeries 306 /xSeries 306m /xSeries 330 /xSeries 335 /xSeries 336 /
xSeries 340 /xSeries 342 /xSeries 343 /xSeries 345 /xSeries 346 /xSeries 350 /xSeries 360 /
xSeries 365 /xSeries 366 /xSeries 370 /xSeries 380 /xSeries 382 /eServer 325 /eServer 326 /
eServer 326m

xSeries(スケーラブル・モデル)
xSeries 440 /xSeries 445 /xSeries 450 /xSeries 455 /xSeries 460

System x
System x3100 M4 /System x3250 M4 /System x3250 M5 /System x3300 M4 /System x3500 M4 /
System x3530 M4 /System x3550 M4 /System x3630 M4 /System x3650 M4 /System x3650 M4 HD /
System x3650 M4 BD /System x3750 M4 /System x3690 X5(7147)/System x3850 X5(7143)/
System x3850 X6/System x3950 X5(7143)/System x3950 X6/System x3755 M3 /System x3105 /
System x3200 /System x3200 M2 /System x3200 M3 /System x3250 /System x3250 M2 /
System x3250 M3 /System x3350 /System x3400 /System x3400 M2 /System x3400 M3 /
System x3450 /System x3455 /System x3455 /System x3500 /System x3500 M2 /System x3500 M3 /
System x3550 /System x3550 M2 /System x3550 M3 /System x3620 M3 /System x3630 M3 /
System x3650 /System x3650 M2 /System x3650 M3 /System x3655 /System x3690 X5(7148)/
System x3755 /System x3800 /System x3850 /System x3950 /System x3850 M2 /
System x3850 X5(7145)/System x3950 M2 /System x3950 X5(7145)

BladeCenter - シャーシ
BladeCenter S /BladeCenter E /BladeCenter H /BladeCenter HT(8740)/BladeCenter HT(8750)

BladeCenter - ブレード・サーバー
BladeCenter HX5(7872)/BladeCenter HS40 /BladeCenter HS22V /BladeCenter HS22 /
BladeCenter HS21XM /BladeCenter HS21 /BladeCenter HS20(7981)/BladeCenter HS20(8843)/
BladeCenter HS20(8832)/BladeCenter HS20(8678)/BladeCenter HS12 /BladeCenter LS42 /
BladeCenter LS41 /BladeCenter LS22 /BladeCenter LS21 /BladeCenter LS20 /BladeCenter HC10

System x iDataPlex
iDataPlex dx360 M4 /iDataPlex dx360 M3 /iDataPlex dx360 M2 /iDataPlex Solution

Flex System
Flex System x440 /Flex System x240 /Flex System x220

上記に記載されていないProLiantの機種もデータ復旧可能です。
まずはお問合せ下さい
-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
posted by earth0614 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IBM Flex System エラーの対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415591643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。