2014年09月02日

【RAIDサーバー】RAIDカードが壊れた

【解説】
RAIDサーバーは、”OS”と”RAIDカード”とデータ保存部分の”ディスク”を組み合わせたものから成り立っています。

その中のRAIDカードはRAID情報を管理しているため、それが壊れるとRAID機器がRAIDとして認識されなくなり、中のデータが見えなくなってしまいます。

【原因】
・主に経年劣化による故障。

・衝撃などによる物理破損。

【対処法】
壊れたRAIDカードと全く同じRAIDカードに交換することで復旧できます。

しかし、RAIDカードだけでなく別の部分の故障・障害が併発していた場合、新品交換だけでは復旧できない場合もあります。

RAIDカードのみの故障であれば問題はありませんが、もしその他に気になる部分がある場合はメーカーサポートなどに確認をし、ハードディスクへの対処が必要な場合は自身で作業をせずにデジタルデータリカバリーへお問い合わせください。

■RAIDサーバー復旧された お客様の声■
【NTTME】Linuxにも対応できる技術力の高さに感心しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。