2014年11月30日

ProLiantGハードディスクに障害予測アラートが受信されました。

【解説】
オンライン/動作LED:点灯
障害LED:黄色が一定間隔で点滅

ProLiantのハードディスクのLEDの組み合わせがこのようなとき、
そのハードディスクに障害予測アラートが受信されています。

できるだけ早くハードディスクを交換してください。

【対処法】
予測障害アラートを受信した場合、そのハードディスクを交換することで障害を回避することができます。

ハードディスクを交換する際は、以下のことに注意して下さい。

※ハードディスクを交換する際の注意点
@必ずバックアップを取ってからProLiantのディスクの交換をしましょう。

ハードディスク交換後のリビルドの失敗などによるエラーが発生した際、保存しているデータが消えてしまう可能性があります。

Aリビルドの途中、ProLiantへのアクセス・データの書き換え/保存は出来ますが
ハードディスクに多大な負荷がかかるため、できるだけそれらの行為は控えて下さい。

BProLiantのリビルド中にAのようなアクセス・データの書き換え等を行うと、データ消失の危険性が高くなります。

リビルドでの稼動に加えて更にデータの書き換えなどの負荷がかかり、
ファイルシステム異常の論理障害を起こす危険性がある他、ハードディスク内部の磁気ヘッドの稼動が増えたことによる物理障害を起こす可能性もあります。


万が一、データのバックアップを行わずにリビルドが失敗してしまった場合は
ディスクの交換や再起動などはせず、デジタルデータリカバリーの無料相談をご利用下さい。








対応機種一覧
HP ProLiant DLライン
DL160 Gen9 / DL160 Gen8 / DL180 Gen9 / DL320e Gen8 / DL320e Gen8 v2
DL360e Gen8 / DL360 Gen9 / DL360p Gen8 / DL380 Gen9 / DL380e Gen8
DL380p Gen8 / DL385p Gen8 / DL560 Gen8 / DL580 G7 / DL580 Gen8 / DL585 G7 / DL980 G7

HP ProLiant MLライン
ML310e Gen8 v2 / ML350 Gen9 / ML350e Gen8 v2 / ML350p Gen8

HP ProLiant MicroServer
MicroServer / MicroServer Gen8

HP ProLiant BLライン(HP BladeSystem)
BL420c Gen8 / BL460c Gen8 / BL460c Gen9 / BL465c Gen8 / BL620c G7 / BL660c Gen8 / BL680c G7 / BL685c G7

HP Moonshot System
m300 サーバーカートリッジ/ m350 サーバーカートリッジ / m400 サーバーカートリッジ / m700 サーバーカートリッジ / m710 サーバーカートリッジ / m800 サーバーカートリッジ

HP Apollo System
6000 System / 8000 System

HP ProLiant SLライン
SL230s Gen8 / SL250s Gen8 / SL270s Gen8 / SL4540 Gen8


-------------------------------------------------------------------------------------------------
▼当社データ復旧のお問い合わせはこちら。→お問い合わせフォームへ
直るかどうかの初期診断は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

【お電話でのお問い合わせ】
 デジタルデータリカバリー(RAIDサーバー データ復旧専門ラボ)
 RAIDサーバー専用ダイヤル 0120-994-215
        電話対応時間 8:00am〜9:00pm 年中無休
  ※電話が込み合って繋がらない場合がございます。
  その場合はお手数ですが、こちらまでお電話下さい。→03-6264-1503

【メールでのお問い合わせ|24時間対応】
 お問い合わせフォームへ
posted by earth0614 at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | hp ProLiant エラーの対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。